1. TOP
  2. 呼吸を正せば痩せる原因と正しい呼吸法

呼吸を正せば痩せる原因と正しい呼吸法

2016/07/08 ダイエット
この記事は約 9 分で読めます。

またしてもやってくる夏。夏といえば薄着。薄着といえば、、、二の腕のたるみ、お腹の出っ張り。。。どうしても隠しようの無いこの辺りの邪魔なものをどうにかしたいと思うのは、乙女心なのでしょうか? 

そんな夏に向けてダイエットを進めようと思っている方もいるかと思います。しかし、一朝一夕にダイエットができようものなら、こんな記事に目を通しているわけもなく。。。ダイエットの成功率は10%程度ですので、そんなに簡単なはずが無いというのはあなたも知っての通りだと思います。(食べても太らない人が羨ましい。。。) 

悩んでいても1mmも脂肪は減ってくれません。何かを始めようと思ってもウォーキング、ランニング、ファスティングなどどれを行っていけばいいかわからない。本サイトではこれまで、姿勢、歩き方などを中心に出来るだけ何もせずにダイエットをできる方法についてご紹介してきました。しかし、それも徐々にしか結果を出すことはできないはずです。 

そういう人のためにまずこれから初めてみてはいかがでしょうか?そうそれが、「呼吸法」です。 

なぜ、呼吸法なのか? 

呼吸は人間が必ずしているものです。しかし、現代人は忙しいあまり呼吸についてあまり深く意識することができていないため、うまく呼吸をすることができていない人が増えています。とくにデスクワークを続けている人は姿勢が崩れやすく、呼吸が浅くなってしまっているケースが多いと言われています。 

呼吸を意識しなくなることによって、呼吸が浅くなり、血行不良や消化機能の低下などを引き起こしやすくなり、むくみや胃もたれ、冷え、肩こりなどカラダに不調をきたすことが多くなります。さらに、呼吸が浅くなることは自律神経にも影響し、交感神経が刺激されるようになります。そのため、イライラしやすくなったり、寝にくくなったりします。 

呼吸を整え、深い呼吸を意識することができるようになると、このような諸症状が軽減されるとともに、リラックスすることができたり、酸素を多く取り込むことができるようになることによって、基礎代謝を上げることができる様になります。 

呼吸が深くなることにはこれだけのメリットがあるのですが、なぜ、現代人は呼吸が浅くなってしまうのでしょうか? 

呼吸が浅くなる原因 

ストレス 

現代はストレス社会と言われているほど、ストレスを貯めやすくなっています。会社や家庭、人間関係が複雑化してきて、それが原因でストレスがかかりやすくなります。 

そういうストレスが原因で呼吸は浅くなっていきます。呼吸を司っている脳幹がストレスを受けることにより、緊張した状態になり、呼吸が浅くなってしまうのです。それだけではなく、ストレスを受けると猫背になり、背が丸まり、肩が内に入ってくる状態になってしまうため、呼吸をしにくい状態にもなってしまうのです。 

ストレスを感じて、姿勢が崩れてしまっていると感じた人は、一度立って空気が綺麗なところに行き、深呼吸をしましょう。その時にはただ深く息をすることを意識するだけではなく、ラジオ体操の要領で大きく深呼吸をすることで姿勢と深い呼吸両方を正常に戻すことができます。 

猫背などの姿勢 

猫背は見た目だけではなく、呼吸が浅くなる、神経痛を起こしやすくなるなど、多くの障害をもたらします。他にも呼吸に悪い姿勢としては、腰が曲がっている、肩が前に出てしまっているなど、一般的に姿勢が悪いと言われていることについては、呼吸にとってはよくないことばかりです。 

上記のような姿勢になってしまうことで、肺が圧迫され、呼吸をしにくくなったり、お腹周りの筋肉がこってしまい、呼吸をする際に胸郭がしっかりと動かなくなってしまい、浅い呼吸の原因となってしまいます。 

姿勢の治し方については別途記事でご紹介したいと思います。 

巻き肩 

巻き肩という言葉を聞いたことがある人は少ないかと思いますが、日本人、特にデスクワークをしている方は巻き肩になっているコトが多いです。猫背と併発している人も多く、肩こり、神経痛などの悪化も懸念されます。 

そして、胸郭が圧迫されている状態になり、息が浅くなってしまう原因にもなってしまいます。 

口呼吸 

口呼吸をしている人は現在多くなっていると言われています。なんと日本人の50%は口呼吸をしていると統計調査でわかっています。口呼吸がどういう感じかというと、頻繁に口が乾いてしまう人や口がポカンと空いてしまっている状態になっている人は口呼吸担っている可能性があります。 

口呼吸になると、様々な病気を引き起こす原因となってしまう可能性があります。アトピーや花粉症、喘息などに掛かる可能性があります。もちろん、今回の話題に上がっている呼吸が浅くなってしまう原因にもなります。 

口呼吸になってしまっている方は、口呼吸をまず治しましょう。口呼吸を治すためには、鼻呼吸を意識すること意外にありません。定期的に鼻呼吸をしているかどうか自分で確認しながら、意識をしてみましょう。口をしっかりと閉じていれば絶対に口呼吸をすることはできませんので、口を閉じていることを意識するのも一つの改善方法になります。 

病気 

肺や気道などの病気によって呼吸が浅くなってしまう可能性もあります。いつもは呼吸がしっかりと出来ていたのに、何故か今できなくなっているという方は病気の可能性もありますので、病院で検査してもらうことをお勧めいたします。 

自分が呼吸が浅いかどうかのチェックをしてみよう 

呼吸のチェック方法 

自分の呼吸が浅いかどうかをチェックすることができますので、チェック方法についてご紹介します。 

チェック作業の手順は至って簡単です。次の2つの作業をしていただきます。 

・肺がどれくらい大きくなっているのかチェック 

メジャーを使用しますので、メジャーを用意してください。 

次の手順で作業を進めてください。 

1,肺がある胸の下部あたりにメジャーを巻く。目盛りをチェック! 

2,息を吸えるだけ吸います。目盛りをチェック! 

1と2の目盛りがどれくらい違っているかを測り、その数値が5センチ以上であれば、深い呼吸がしっかりと出来ている事になります。3−5センチだと、深くは無いけれど十分な呼吸ができています。3センチ未満であれば浅い呼吸になっていますので注意が必要です。 

・息がどれくらい吸えているのかチェック 

時計が必要ですので、時計をご準備ください。 

1,おもいっきり息を吸い込みます。吸い込みが終わった後ストップウォッチをスタート! 

2,息をゆっくり吐きます。吐き切った後にストップ! 

息を吐ききるまでの時間を測り、20秒以上吐きつづけることができれば、正常な呼吸をしているといえます。20秒に満たない場合は浅い呼吸になっていますので注意が必要です。 

正しい呼吸法 

では、本当の正しい呼吸法とはどんなものなのでしょうか?正しい呼吸を行うためには、下記のものが必要であるといえます。 

・姿勢 

・鼻呼吸 

・ストレス耐性 

まずは姿勢です。姿勢を正すことから全てを始めるべきです。特にデスクワークの人は巻き肩、猫背になりやすく呼吸が浅くなりやすい状況が日常となっています。逆に考えると、デスクワークをしている時間ずっと姿勢を正すことができていれば、1日のほとんどの時間を正しい呼吸ですすめることができます。 

座っている時の正しい呼吸の仕方は以下の様に進めます。背もたれが90度の椅子を使用してください。 

1,お尻を背もたれにつける。 

2,背筋を伸ばして肩甲骨を背もたれにつけます。 

3,顔はまっすぐ前を見ます。この時あごを引いてください。顔だけ前に出てしまっているケースが多く見られるため、鏡などでチェックするのもよいでしょう。 

4,肩を耳の横のラインに揃えます。あごをしっかりと引かずに4を行うと巻き肩と猫背を併発するので必ず3を行った後に4をおこなってください。 

これをするだけでかなり美しい姿勢になり、呼吸を吸いやすい状態を作ることができます。 

次に鼻呼吸をするための方法です。口呼吸を続けていた人に突然鼻呼吸をすすめると、息苦しく、耐えられないということを感じるようです。これを常に行うことはかなり疲れをためてしまう原因になってしまいますので、徐々に訓練をしていく必要があります。そのトレーニング方法は以下の手順でおこないます。 

1,口を閉じる(絶対に開けないようにしてください。少しでも開けると口呼吸になってしまうことがあります。) 

2,深呼吸を3回繰り返す。(通常の息の吸い方では苦しさが気になり、疲れが溜まってしまいます。) 

3,口を開けずに数分間だけ鼻での呼吸を意識します。苦しくなったら深呼吸をおこなってください。 

ずっと続けることはかなり難しいと思います。子供の頃からの呼吸の習慣となっていますので、簡単には治らないというのが現状のようです。ただ、口呼吸は風邪をひきやすくなったり、口臭の原因になったり、虫歯ができやすくなるなど、多くの弊害を起こすものですので、しっかりと向き合って治していくことをおすすめします。 

最後のストレス耐性についてですが、これはかなり難しいものだと思います。ストレスを受けやすい現代人にとっては、一番ハードルの高いものだと思います。ストレスを改善するためには、定期的なリラックスとメンタルトレーニングが必要となります。 

リラックスの方法としては、深呼吸をするストレッチをするという方法があります。ストレスを感じ、それが姿勢にあらわれてくると、その姿勢になるだけでストレスを感じる様になります。例えば、常に猫背の状態でストレスを深く感じている人にとっては、何もない状態でも猫背になるだけで大きなストレスを感じる様になってしまうようです。 

姿勢をただしなおして、深呼吸をすることで一旦リラックス状態を作ることをおすすめします。 

メンタルトレーニングを行うのであれば、今流行っている実績が豊富なアドラー心理学を基盤に作られたものが今一番有効であ類割れています。 

 

正しい呼吸をすることで痩せやすくなる? 

ここからが本題ではないかと思いますが、正しい呼吸法をすることによって痩せやすくなるのはなぜかについてお話していきます。 

正しい呼吸法を行うことによって、深く呼吸をすることができるようになります。深い呼吸により背骨を支えるインナーマッスルを鍛えることができるようになります。つまり、筋肉を鍛え、姿勢が整うことによって、現状よりも基礎代謝を上げることに繋がると言われています。 

呼吸は常に行っているものですので、何もしていない時であっても、今までより代謝を良くしてくれるというのが、痩せることにつながる一つの要因といえます。 

まとめ 

以上がこの熱い夏、たるんだ腕や脇を露出させないための第一歩、呼吸法に関する記事でした。猫背のための浅い呼吸になっている方を多く知っていますが、呼吸が浅いと生気がなく、健康的に見えません。もちろんそれだけではなくて、痩せにくい体質になりがちなので、絶対に気をつけなくてはいけないことです。意外に見落としがちな呼吸についてですが、持続性もありますし、健康にも非常にいいダイエット法なのでぜひお試しください。 

\ SNSでシェアしよう! /

FREE│ダイエット│趣味│健康│お金の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FREE│ダイエット│趣味│健康│お金の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

green

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    呼吸を正せば痩せる原因と正しい呼吸法

  • NO IMAGE

    正しい座り方で余分な脂肪をつけないための3つの方法

  • NO IMAGE

    みんなやってるけど、ファスティングは本当に効果があるのか?

  • suppon

    栄養素から紐解くすっぽんが元気をくれるのはホントなのか?

関連記事

  • NO IMAGE

    これさえ意識すれば美しい歩き方ができる!美しい歩き方は痩せる!

  • 日本舞踊

    日本文化のあの習い事が実は痩せる要素がいっぱいあるらしい!

  • NO IMAGE

    アミノ酸ダイエットを始める前に読んでおくべき記事

  • lgf01e201309200900

    失敗しないための40代からの体重の落とし方。

  • NO IMAGE

    みんなやってるけど、ファスティングは本当に効果があるのか?

  • 絶対成功するダイエット習慣

    絶対に成功するダイエット習慣の作り方。ポイントは○○○。