1. TOP
  2. 正しい座り方で余分な脂肪をつけないための3つの方法

正しい座り方で余分な脂肪をつけないための3つの方法

2016/07/08 ダイエット
この記事は約 6 分で読めます。

この前会ったすごくスタイルのいいモデルさんがおっしゃっていた素晴らしい姿勢についての話があるのでご紹介したいと思う。 

肩が上がると肩こりになりやすく太りやすい 

最近すごくスタイルのイイモデルの方に会ったのですが、そのモデルさんが開口一番。 

「姿勢悪すぎですよ~。そんなんじゃ太ってしまいますよ。というか、変な肉ついちゃって取れなくなってしまいますよ。」 

えーーー。友人の友人なのに。自己紹介前にそんな事言う?みたい感じだったんですが、そんな気持ちはこらえて、話をしっかりと聞いてみようと思いました。 

正直なところ、私も姿勢に関する記事を書いているだけあって、そこまで自分が姿勢が悪いとは思っていません。一般論的に言われている姿勢から言えば、むしろ「姿勢いいですねー」って言われることのほうが多いんじゃないかと自負していますが、、、とにかく、深く聞いてみなきゃわからない。 

「確かにちょっと変な肉ついちゃってるんですよね。。。どういう姿勢にすればいいんですか?」 

自己紹介混じりにこんな感じで質問をしました。適当なコト言いやがった承知しねえからなと思いながら、やはりスタイルのイイ人の話はしっかり聞くべきだとまた気持ちを落ち着かせながら、前のめりで集中して聞くと。 

「肩が上に上がってます。肩こり出たりしませんか?」 

とまずジャブが飛んできました。 

うっ、、、痛いところをつかれたかも知れない。たしかに肩があがっちゃう癖があったんです。続けざまにモデルさんがいうことには。 

「肩が自然と上がってしまう人って結構いるんです。ストレスがかかりやすい仕事をされている方は特にそうなってしまいます。後は、元々猫背だった人は肩が上がりやすいです。」 

ぐさっ。。。にわか姿勢美人ということを見透かされたのか。すでに。心の中で深い痛手を追いながらも次の言葉をまつ。 

「肩が上がると肩甲骨がロックされてしまって、すごく動きにくくなるんです。そのせいで肩甲骨の下当たりにお肉が溜まってしまったり、脇の下のお肉がだぶついたりし易いんです。」 

この脇の肉はそのせいか!!!!と、口には出せないが心のなかで叫ぶ私。 

「癖というか、肩甲骨まわりの筋肉が固くなってしまっていることが一つの原因だと思いますので、肩甲骨まわりのストレッチをしっかりとされるといいですよ^^」 

はぅ。。。なんて正確なアドバイスなんだ。原因と対策まで教えてくれちゃうなんて。まじで天使。顔もスタイルも天使な人はきっとこころまで天使なんじゃないかと思ってしまった私。 

ここで一つまとめてみよう。 

つまりはこういうこと。 

猫背やストレスにより肩が上がってしまうという癖がある人は背中や脇に脂肪がつきやすくなる。理由は肩甲骨がしっかりと動かないようになってしまうから。改善方法は肩甲骨のストレッチを行うこと。 

肩甲骨のストレッチの行い方は以下の記事で書いておりますので、ご照覧あれ。 

椅子に軽く腰を掛けるのはNG 

「もう2点ほどあるんですけど、、、」 

なんと!!もう2点もあるんですか!!?それはぜひ聞きたい。聞きたい聞きたい! 

「椅子に軽く腰を掛けられてますよね。私は職業柄そういう座り方のほうが綺麗に見えると指導されているんですが、普段は深く腰を掛けるようにしています。」 

これは聞いたことがあるぞ。でも、私も外ではそうだが、家や仕事場では深く座る様に心がけてるよ。なんたって姿勢美人ですからねエッヘン とはいえ、少し聞いてみようかな。 

「椅子に浅くかけると腰が倒れやすいんです。実際今見てもわかるんですが、しっかりと腰が立っていません。」 

なんですと!!!腰を立てるように座ることは心がけているというのに、これではだめだったのか!! 

「よく背骨をまっすぐにすることを意識されている方がいらっしゃるんですが、実際には腰から反ることをイメージされたほうが正しい姿勢になります。」 

腰から反る!?90°くらいにするのがベターだと私は理解しているんだけれども!? 

「腰から背を90°にすることが良いとされているんですが、実際に90°にしても、自分では90°にしているつもりがそうなっていないことがほとんどです。カラダの柔らかい方や昔から姿勢を気にされている方はそれでも綺麗に座れるんですけど、猫背や背中を丸めて座られていた方はうまく行かなかったりするんです。」 

ぐうの音もでねえよ。。。確かに私はにわか姿勢美人ですからね。姿勢の勉強をするまでは猫背で背中の丸まったまさに猫のような奴だったよ。。 

「ですので、90°というよりは反る。しかも極端に反ることをイメージされて座ったほうが良い姿勢になります。くびれも出来やすいですよ^^」 

くっくびれが出来やすいだと!!あなたのようなその美くびれを手に入れることができるですと!!嘘だ。。でもやる。。 

「ここでは難しいと思いますが、今度座るときにやってほしいなと思う座り方があります。一度。。。。」 

彼女がいうには腰を立てるのに慣れていない人はこうやって座るのがベストだそうだ。 

1.椅子に深く座る。 

2.一度胸を膝につけるように前かがみになる。→この状態が腰が立った状態だそうだ 

3.そのまま腰は動かさず、カラダを立てる 

この3ステップでしっかりと腰が立った姿勢ができるとのことだ。家に帰ってやってみたが、まぁ、これがなかなかすごい腰が反っている感じだ。本当にこれで正しいのかわからないが、くびれができるとあっちゃあ話は別なので、この座り方を実践していきたいと思う。 

肩が内側に入っていると胸がたるみやすい 

「後もう一点あります。肩が内側に入ってきてしまっています。猫背の方に多いです。」 

また猫背、、、猫背 is worst style. とでも言わんばかりに猫背ネタがわんさか出てきますな。全世界から猫背が消えてなくなればいいのに。と思いつつ、耳を傾ける。 

「肩が内側に入ると、胸の上の筋肉が落ちたり、肋骨が下がったりするんですよ。そのため、胸が垂れやすくなります。」 

胸が垂れる。。。この歳でひとみばあちゃんみたいにはなりたくないよな。。。(志村けんさんがやってるやつです笑) 

「巻き肩っていうらしいんですが、これはかなりの曲者です。デスクワークをしてるとすごくなりやすいんですよね。パソコンを触る仕事をされてますか?」 

なんと!!仕事まで当てられるなんて!! 

「今はスマホなどで小さい画面を両手でもって下をむいて触るということが増えていますので、それが原因で巻き肩になる方も増えていると聞きます。巻き肩は百害あって一利なしなので、絶対に治したほうがイイですよ」 

そ、、、そうですよね。すぐやります、いまやります!やり方教えてください!! 

「簡単な方法は背中で手を合わせる方法ですね。背中で手を合わせて深呼吸を3回してください。これを3時間毎くらいに一回ずつやるとかなり改善されますよ!」 

今やります!むしろもうやってます!本当にありがとうございます、女神様。巻き肩のことは知っており、記事の中にも書いておりましたが、簡単には改善できないものです。しっかりと続けることが大事ですね。 

まとめ 

彼女からの助言は以上でした。3人での御茶会。周りから見れば姿勢がすごくいい3人が背中で手を合わせて何やってるんだという感じだったかもしれませんが、かなりためになる1時間の御茶会でした。 

これから美しい姿勢を手に入れ、変な脂肪をつけないための座り方を皆さんも手に入れてみてください。この3つの方法論にほとんどが集約されていると思います。 

今度は立ち方について教えてもらおうかな。と心の中で思った私でした。以上 

\ SNSでシェアしよう! /

FREE│ダイエット│趣味│健康│お金の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FREE│ダイエット│趣味│健康│お金の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

green

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    呼吸を正せば痩せる原因と正しい呼吸法

  • NO IMAGE

    正しい座り方で余分な脂肪をつけないための3つの方法

  • NO IMAGE

    みんなやってるけど、ファスティングは本当に効果があるのか?

  • suppon

    栄養素から紐解くすっぽんが元気をくれるのはホントなのか?

関連記事

  • suppon

    栄養素から紐解くすっぽんが元気をくれるのはホントなのか?

  • ダイエット習慣

    絶対に成功するダイエット習慣の作り方3選

  • lgf01e201309200900

    失敗しないための40代からの体重の落とし方。

  • 絶対成功するダイエット習慣

    絶対に成功するダイエット習慣の作り方。ポイントは○○○。

  • 日本舞踊

    日本文化のあの習い事が実は痩せる要素がいっぱいあるらしい!

  • NO IMAGE

    呼吸を正せば痩せる原因と正しい呼吸法